Author Archive

مقارنة بين تداول الأخبار والتحليل الأساسي

عادةً عندما يتحدث الناس عن التحليل الأساسي فالمسألة التالية التي تتوقعها هي التحليل الفني. لكنني أدركت أن الكثير من المتداولين يخلطون الأمور عندما يتعلق الأمر بالتفريق بين تداول الأخبار والتحليل…

هل يستحق التحليل الأساسي هذا الاهتمام أم أنه مضيعة للوقت؟

عندما بدأت تداول الفوركس منذ عقد تقريبًا، كانت فكرة أساسات التداول مشكلة عويصة تواجهني لفترة طويلة. فقد قرأت ورأيت كثير من المناظرات التي تتعلق بالمقارنة بين التحليل الأساسي والتحليل الفني….

ما الإطار الزمني وأزواج العملات الذين يدرون أعلى ربحية؟

ظل هذا الجدالًا مستمرًا منذ مدة طويلة وطالما استمر اختلاف استراتيجيات المتداولين وتنوعت أساليب تفكيرهم لا أرى نهاية قريبة لهذا الجدال، لكنني أستطيع أن أدلي بدلوي في النقاش، أليس كذلك؟…

ボラティリティの高い市場での取引

  為替市場で1日の中で最もボラティリティが高い時間帯は、ヨーロッパの市場とアメリカの市場の日中時間が重なる時間、日本時間で言えば午後9~12時頃と言われる。その時間が最も利益を出しやすいのだが、反対に損失が出ることも多い。   チャートはシンプルに   ボラティリティの高い時に上手く利益を出すためには、しっかりとしたトレード手法を確立することが先決だ。そしてトレード手法を確立・運用するためにはチャートを見ることが不可欠になる。 いわゆる「プロのトレーダー」の中には、使うチャートにテクニカル指標やラインをたくさん描いている人達がいる。しかしテクニカル指標がたくさん描かれているチャートは見にくい。また短期でトレードをするなら、たくさんあるテクニカル指標を全て確認している時間はない。   スキャルピングトレード   ボラティリティの高い時間帯で利益を出す方法の1つに、スキャルピングがある。スキャルピングとは超短期のトレードのことで、1回のトレードで数~10pip程度の利益を目指す。または損失になったとしても、数~10pip程度でポジションをクローズする。時間的にも、1つのポジションを持ってからクローズするまで数秒から数分程度になる。 スキャルピングでは瞬時の判断が求められるので、テクニカル指標が多く描かれているチャートは使えない。一瞬でポジションをオープンしクローズするため、テクニカル指標はせいぜい1つか2つしか見ている時間はない。 スイングやポジショントレードなどより長期の取引は、時間帯にそれほど縛られない取引法だ。そのような取引をする人は、この記事は飛ばしてもらってかまわない。   チャートは15分足が望ましい   スキャルピングをする時に使うチャートの時間足は、15分足チャートが望ましい。5分足チャートになると時間が短すぎて、偽の売買シグナルが出ることが多い。   ボラティリティの高い市場で取引をして利益を出すことは、決して難しいことではない。良いトレード手法を見つけて、そのルールに従って売買注文を入れて行けばおのずと結果はついてくる。    

FXの詐欺商材を見抜く方法

FXは膨大なお金が動く世界なので、そこで詐欺行為を働く者も大勢いる。典型的なのは「勝てる」と謳って根拠のない手法を商材にして売っている人々だ。そういった詐欺に騙されないように、見抜く方法を知っておこう。詐欺商材が使う典型的な手口を紹介する。   広告が必要以上に多い   必要以上に広告を流しているような商材はいい加減なものであることが多い。もちろんどんな商品を売るにも広告を使うことはある。しかしいろいろなFX関連のサイトでバナー広告を出しているなど、必要以上に広告、それも安価な広告を打っている商材はやめておいた方がいい。本当にいい手法なら、広告を出さなくてもネットなどで広まる。   アフィリエイトを多く使う   インターネットで商品を販売する時アフィリエイトを使うことは一般的だが、FXの商材でアフィリエイトを使うものはあまり信用できない。もちろん全てがそうではない。しかしアフィリエイトを使っているのは、これまで商材の販売をしてこなかった個人が手軽に多くの顧客にアクセスしようとしていると見ることができる。そのような販売者はFXの世界でそれほど経験がないので、手法も当てにならない。   利益を出したチャートを改ざん   FX商材の中には「こんなに利益を出しました!」と言ってチャートなどの画像を提示しているものがあるが、その画像自体がPhotoshopなどを使って改ざんされているものもある。 それを見抜くためには、別のチャートソフトを開いて、同じ日時、同じ通貨ペアのチャートを見てみるといい。改ざんされていれば、商材にある画像とは違うものになっているはずだ。   「○○名様限定」と謳う   商材の販売者はできる限りたくさん売りたいはずなのに、「300名様限定」や「残り200点になりました!」など、数に限りがあることを強調している商材がある。 これは残りわずかということを示し、なるべく早く買わせようとしているにすぎない。そして「残り200点」と言ってその後売り切れたとしても、数ヶ月後にはまた売り出しているものだ。このような「限定」の表示に騙されてはいけない。   FXの商材は特にインターネット上で多数出回っており、その中から買おうとするなら本物を見つけないといけない。ここでの話が少しはその手助けになることを願っている。

FXで財を築いた人々-パート1

FXは多くの人が負けて終わると言われるが、FXの取引で巨額の富を築いた人々は存在する。その人達は普通のFXトレーダーと同様、パソコンの前に座ってチャートを見ながら取引をしていただけだ。   彼らと一般人の違いは?   ではなぜ彼らはFXで成功し巨額の富を得たのに、多くの人々は負けるのだろうか?それは彼らが、しっかりとリスク管理を行い、自己管理を徹底していたためだ。そして負けても諦めなかった。 これが大事な点で、彼らは負けてもFXを諦めずに、負けから何を学ぶか考えた。そして以後は同じ失敗を繰り返さないようにした。そのような積み重ねが、最後の大成功に結び付いたのだ。ここでそのような人々を何人か紹介してみよう。   ビル・リップシュッツ ビル・リップシュッツ(Bill Lipschutz)はアメリカのニューヨーク州出身。祖母から12,000ドル分の株式を遺産として相続し、投資の世界に入って行った。そして投資を勉強して25万ドルにまで増やすが、すぐに負けてそのお金のほとんどを失ってしまった。 しかし負けたことで諦めるのではなく、負けからいろいろなことを学んだ。その後は投資銀行のソロモン・ブラザーズで8年ほど勤務した後退職。現在までに個人投資家としてFXで稼いだお金は、年平均で3億ドルにもなる。   ブルース・コフナー ブルース・コフナー(Bruce Kovner)はアメリカのニューヨーク市出身。32歳の時に3,000ドルを借金して投資を行い、それを4万ドルにまで増やすことに成功した。しかしその直後に23,000ドルに減らしてしまう。 コフナーはその失敗から学び、またその後も数々の失敗からトレードについていろいろなことを学んでいった。その結果としてFXで巨万の富を築くことができ、2016年現在の資産額は50億ドルを超えるようになった。   どんな優れた投資家でも、一度も大負けしたことがない者はいない。みんな一度や二度は大きく負け、そこで諦めずに失敗から学ぶことができた者が、将来投資の世界で成功者となったのだ。          

FXのトレードを学ぶベストの方法

他の記事で述べていることと矛盾するかもしれないが、FXのトレードを学ぶベストの方法はデモではなく本番の口座でトレードをすることだ。デモでは学べることが限られている。   始める前に本やウェブサイトを読む   これからFXを始めようという人は、まずは書店に行ってFXの本を2~3冊買って読んでみるのがいい。たくさん読む必要はない。 またインターネット上のFX関連のウェブサイトを読んでみるのもいいが、こちらもたくさんのサイトを見る必要はない。本やウェブサイトを読んでいるだけでは、いずれ飽きる。少し読んだら次のステップに進む。   デモ口座では実戦に近い金額で取引を行う   次はFX業者のデモ口座で取引の練習をする。ただここで大事なのは、自分の実際の取引に近い金額で行うことだ。デモ口座では架空のお金が与えられるので、簡単に500万円や1000万円などの金額で取引ができる。 しかし自分が本番の取引をする時、すぐに500万や1000万円を使うか考えて欲しい。自分がFXの取引を本物のお金で行う時、いくらで始めるだろうか?普通は数十万円から100万円程度だろう。それならデモ口座でもその金額で取引を始め、なるべく本番に近い状態にすることだ。   FXは失敗から学ぶことが必要   デモ取引を数ヶ月程度行ったら、いよいよ本番の取引を行う。何度も言うが最初から大金を使ってトレードをしない方が良い。最初は10万円程度でも十分だろう。 本物のお金を使って取引をすると、レートが動くにつれて欲や恐怖といった感情の動きを抑制しなくてはならなくなる。それができる人こそが、勝てるトレーダーになれる。 そしてFXをやっていれば、大負けすることも必ず出てくる。ここで復活できないほどの負けにならないために、少額から始めることが重要だ。大負けしてもそれが自分の資産の一部なら、再起をかけることができる。 負けた時にこそ、そこから何を学ぶかが問われる。負けたら理由をよく考え、将来は同じ負けを繰り返さないようにする。多くのトレーダーは大負けを1度や2度繰り返すと市場から退場するが、それは彼らにはFXは向いていなかったということだ。 真のトレーダーになる素養のある者は、負けたらそこから学び、以後は同じ負けを繰り返さない。その過程を繰り返すことで、いつかは勝てるトレーダーになる。自分のお金を賭けた試行錯誤こそが、FXのトレードを学ぶベストの方法なのだ。

勝てるFXトレーダーになるには?

  勝てるFXトレーダーになれる方法を学んでも、それを実践できるとは限らない。物事を机上で学ぶことと、実行することは別物だからだ。しかしともかく勝てるトレーダーになれる条件について話してみよう。   3つの分析を使いこなす   FXのレートの動きを分析する手法には3つある。チャートとテクニカル指標を使うテクニカル分析。経済指標やニュースを使うファンダメンタルズ分析。そして投資家の心理から分析するセンチメンタル分析だ。 勝てるトレーダーとは、これら3つの分析法を全て理解し、使いこなして利益を出せるトレーダーのことを言う。もちろんこれらのどれか1つだけを使って利益を出しているトレーダーは世界に無数にいる。しかし相場のいろいろな動きに対応するには、3つ全てを使いこなせることが望ましい。   良いメンターを見つける   他の分野でもそうだが、トレードも上達するには良いメンター(指導者)を見つけることが近道だ。トレードの経験があり、実際に利益を出しているメンターを見つければ、いろいろなことが学べる。 メンターを見つけるためには、ネットで検索したり、あるいはFX業者が開催するセミナーなどに足を運んでみるのが良い。そして良いメンターに習うことは、無料ではできないということを知っておくべきだろう。 セミナーに参加するにはお金を払うし、ネット上のトレード講座なども無料ではない。しかしもし自分がトレードの手法を知っていたとしても、それをタダで他人に教えるだろうか?そう考えると、お金を取るメンターの方がむしろ信頼できると考えられる。   感情を克服する   勝てるトレーダーになるには、トレードにおける感情を克服しなくてはならない。トレードをしながら一喜一憂してはいけない。ただ機械的に注文を出すことが望ましい。それができないなら、別のことをやった方がいい。 利益を出しているトレーダーも、過去に負けた経験が必ずある。しかし大事なことは、負けから何を学ぶかなのだ。負けた経験から何かを学ぶことができれば、将来の負けを防ぐことができる。   トレードで勝てるようになるために近道はなく、長い時間をかけて1つ1つ学んでいくことが求められる。そして最初は退屈だと思ってもデモ取引から始めることが必要だ。デモ取引を含め長い時間トレードを続ければ、少しずつ勝てるコツがわかってくるだろう。

24 Forex Secrets Copyright © 2017.